2018年1月3日水曜日

【おそロシア】プーチン大統領、 『仮想通貨ルーブル』検討

【おそロシア】プーチン大統領 『仮想通貨ルーブル』検討




先日イーサリアムの考案者であるヴィタリック・ブテリン氏と会談したプーチン大統領が、イーサリアムへの支援を表明したわけですが、そのプーチン大統領のロシアが『仮想通貨ルーブル』の発行を検討しているようです。



『仮想通貨ルーブル』は、手数料ナシで 現在のロシア通貨である「ルーブル」と交換することができる!

ということですが、それにしても、ブロックチェーン技術を使った仮想通貨の「非中央集権型(誰にも管理されない)」というメリットとは相反する、「特定国家が管理する仮想通貨」に人気は集まるのでしょうか。



★ロシアにとって『仮想通貨ルーブル』を発行するメリットは・・・

・基軸通貨であるドルに頼らず、仮想通貨ルーブル決済することで対ロシア経済制裁を回避!

・ ロシア経済を多角化するキッカケになるため。

・打倒!「新世界秩序(NWO)、基軸通貨 米ドル」 のため。

・さっさとしないと近隣諸国が先に、国家が管理する仮想通貨を発行しちゃうため。



うーん、水面下で国家間の仮想通貨バトルが勃発していますね・・・。


イーサリアム購入はここがオススメです。

ビットフライヤー(bitFlyer)

【投資】ユニセフがブロックチェーンの新興企業に投資とICOを検討

【投資】ユニセフがブロックチェーンの新興企業に投資とICOを検討 「 世界中の子供たちを助ける 」という目的のため、 ユニセフがブロックチェーンの新興企業に投資する~ということを検討しています。 今は確かに仮想通貨は投機的要素が強いけど、 本来の特性...